中川養生整骨院ブログ

2016年11月15日 火曜日

作業効率をうまく対処して背中、腰の痛みをなくそう。

みなさん こんにちわ。


足立区中川の中川養生整骨院はりきゅう院 佐藤 です。
お立ち寄りありがとうございます。


先日、月がきれいに見えたと思ったら、昨日は68年ぶりに月が地球に接近する『スーパームーン』なんだそうでmist
キレイに大きく見えるようです。


・・・・ですが、亀有周辺は雨の予報。果たしてスーパームーンは見えたのでしょうか。私は見えませんでしたdespair



昔から月にはなんだか特別な感情を持ちやすい星ですね。地球から一番近くて、地球の周りを公転しているからでしょうか。
当たりまえに感じますが、『明日の夜も月が見える』ってことは、ホントはすごいことなんでしょうね。



この機会に『月』について考えてみたいと思います。



私個人的には月光浴と感じは乏しいのですが、夜の散歩中に目に入るきれいな月はなんだか得した気分になります。


それでその月を誰かに見せたいなぁとも思います。たいてい家族に連絡しますが。
月を眺めることで精神的に落ち着いてくる、肉体的にも落ち着いてくる・・ということはあります。
月のパワーと言われますが、安定するホルモン(セロトニンなど)が活性化すると聞いたことがあります。


月を眺める余裕のなさが、あるニュースで、『現代日本の睡眠時間6時間以下の40代以上の男女がおよそ50%』
その原因として『仕事、家事』がある為、睡眠時間が削られてしまうというデータが出ました。


人間のサイクルでは朝は活動的になって、夜は休むというのが基本です。


ただ今は生活様式の多様化で様々なサイクルがありますが、
夜本来は6.5時間から7.5時間の睡眠時間を必要とする生活サイクルの場合、
休養が足りず、背中の痛み、腰の痛みが出現する事があります。



休むべき時間に休むことが出来ず、さらに翌日からの負担がかかってしまい、気づかないうちのオーバーワークで身体が悲鳴を上げている状態です。
背中や腰が痛くなると寝不足にもなりやすく、反対に寝不足だから背中や腰が痛くなる・・


代替療法では『(手に負えないくらいの)モノをかかえこんでいる状態』と認識されます。
では、寝る時間を取ればいいのか、抱え込んでいるモノを手放せばいいのか・・・
そう簡単にいかないのが現代日本ですね。


作業効率を上げて、今日の出来事は今日にして、明日の出来事は明日にして、
昨日までにできなかったことは予備日を用意しておいて、その日にやって・・
と私は心がけています。


ただ、効率を上げることばかり考えていると、いざ寝ようと思っても目がさえてしまう。結局ダラダラと起きてしまって睡眠不足。
翌朝、背中や腰の痛みがでてしまう。。


というわけで、このところ考えているのは、必ずやる予定(仕事以外)は1つにして、
あとはリフレッシュタイムに充てようと思っています。
それも15~20分までと制限を付けて。


そうすると気分も落ち着きますし、睡眠時間も確保できる。
あとは気力体力が維持できていれば、自然と背筋も伸びて、足運びも軽くなる。
背中、腰の痛みも薄らいで、知らぬ間に消えている。


こういう生活習慣を大切にしておきたいです。
この後もっと寒くなる日が続くでしょうからね









このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら