中川養生整骨院ブログ

2017年4月11日 火曜日

怪我を予防する身体づくりとは・・・?!

みなさん こんにちは。
足立区の中川養生整骨院はりきゅう院です。



週末の雨と今日の雨で亀有周辺や綾瀬、お花茶屋、堀切の桜はだいぶ散ってしまいますかね。
仕事の都合で亀有~綾瀬~お花茶屋~堀切と移動していたのですが。
キレイな花吹雪が舞っていました。
(金町や高砂、柴又は行けていないので・・わかりません)




4月になって、社会人としての新生活、学生は始業式、入学式が終わってからの新生活。
この新生活に慣れていくのは時間がかかるでしょう。

今月で慣れていくと思いますが、もうしばらく自然と生活してみてください。
生理学的には、『約3週間』でなじんでくるといわれております。




ただこの新生活になって、リズムが狂ったり、内容が変わったりが増えてきているのか、
怪我が増えています。(当院では肉離れが多いです)


このところ、たいていの方ですが、『ケガをする前』の身体の状態が『かなり前後左右に傾いている』のです。
それで傾いた方向へ強弱にかかわらず荷重がかかって、またはその荷重に反発して肉離れが起きているようです。


只今当院では肉離れの症状の程度がありますが、先に強い痛みの処置をしてから矯正施術、痛みの処置と同じに矯正施術で対処して
います。



怪我をしてしまったら、早く良くなることに集中しますが、日頃は怪我を予防する身体づくり、気持ち作りをすることに集中しましょう。
たとえば『健康であることの幸福感を実感するのは、健康を害した時に分かる』と同じで、
『怪我をしてしまって、日頃の心身のコンディショニングが大切』ってわかるものです。



怪我を予防する身体づくりに最適なのは、
いわゆる『体幹トレーニング』です。


私は骨盤周辺筋群、背部周辺筋群の体幹トレーニングをおススメします。
細かくはここでは割愛しますが、骨盤周辺、背部周辺の筋繊維の刺激で姿勢が整い、前後左右のバランスも整います。




手軽にこれらに刺激を加えられる運動に


★壁から少し離れて(この距離は自由)、壁に手を伸ばして、
   傾いた体をお腹、背中、胸の筋肉が収縮していると感じながら支える。
     両手で身体を支えないことに注意して。



両手が軽すぎれば、肘で。肘が軽すぎれば、おでこで。
壁からの距離が遠くなればなるほど、負荷は強くなります。



ちなみにこの運動では、『鍛えたぁ・・・』という実感はわきませんので、ご注意してください。
実感わかなくても効果はありますから。



肉離れもそうですが、椎間板ヘルニア(軽度)もこれである程度は対処できます。



この新生活に『身体づくり』も気を付けてみてください。





このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら