中川養生整骨院ブログ

2017年6月23日 金曜日

背骨の圧迫骨折

 こんにちは、足立区中川の中川養生整骨院はりきゅう院ですsun


背骨は緩やかなs字カーブがありますが、
色々な原因で緩やかなS字は崩れます。


高齢の方は
腰の骨の前弯が少なくなっていたり
前弯がなくなっている場合が多いです。


テレビでよくみる「いつの間にか骨折」は
背骨の圧迫骨折のことで、
骨粗しょう症を基盤に
ほんの少しの外傷で発症することが多いですshock

圧迫骨折の好発部位は胸腰椎移行部、大体第11胸椎と第二腰椎までの間です。

脊椎の圧潰変形は、
わずかな骨傷のみであっても
早い症例で2-3日で、
遅い症例でも2-3週間で完成しますbearing

初期の時期の発見と処置が大切です。
他の骨折の場合と同様に
患部を固定して安静に保つ「保存治療」が基本となります。
かなりしっかりがっちりとした固定を行います。
安静も本当に安静にして頂きます。




胸腰椎移行部が多発的に圧迫骨折をおこすと脊柱全体が後弯変形していきます。
S字カーブが崩れ脊柱後弯変形すると
重心が後ろになり、太ももの前側の筋肉に負担がかかり、
すごく疲れやすくなります。


一度圧潰を起こした椎体は戻ることがないので
その後のアプローチとしては
背中や腰の痛みを緩和させることや
多発的に後弯変形を起こさないように

背中や腰の筋肉を鍛えて予防に努めますhappy01







このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら