中川養生整骨院ブログ

2017年8月12日 土曜日

【背中、骨盤を自分で矯正】自分って『猫背』かなッて思うときに・・

みなさん こんにちわ!亀有駅から徒歩7分、足立区中川の中川養生整骨院はりきゅう院です。
今日もお立ち寄り頂きありがとうございます。


「ついつい熱が入ると 背中が丸まってしまう」

何かに集中していて背中が丸まってしまう状態は「猫背」とはではありませんが、ずっと背中が丸まってしまうと「猫背」になってしまう恐れはあります。
何かに集中している時は「前かがみ」になってしまいがちです。
たとえば、ねこが動いているものにジャレようとして身構えている状態・・、子どものかけっこで「よ~いぃ ドンっ」の前の姿勢・・・

【普段からこころがけることとして】
1)何かに集中する時間とリフレッシュする時間をハッキリと分けて、リフレッシュ時には背筋をのばすように意識する。
2)懸垂運動または上に挙げた手を下に降ろす体操(バンザイみたいに)をする。

これを注意するだけで、少々の背中の丸まり、猫背気味の姿勢は改善されます。

集中しすぎると『心身の疲労が倦怠感に』なって、モチベーションも下がってしまいます。
背中も丸くなりやすいですし、気持ちもイライラとします。
こういう時はウォーキングなどのスカッと汗をかく有酸素運動がお勧めです。背筋をシャンッと伸ばし、骨盤が立つと、歩幅が広がって格好良く見えます。
新陳代謝が活性化して猫背ぎみの背中や腰、イライラ感、倦怠感も改善されます。汗と一緒に気持ちの余分なものも排出された感覚です。

この時の注意点が『背筋を伸ばそうと意識しすぎる。』ことです。
この姿勢は『のけ反っている』状態なので腰や首、背中が痛くなってしまうことがあり、場合によっては腕が痺れてきます。
気楽に力まず、ただ上に伸びるようにするだけでシャンっとした感じになります。
そして大きく呼吸(深呼吸のように)しながらやっていると、なんとなく細胞が活性化した感じで、スッキリ感がでますよ。



背中が丸くなってしまうと・・・

『胸椎11番。胸椎12番(背中の一番下の背骨)』がキーポイントで、腰を捻る、背中を丸める、腕を振って歩く時の腰の回旋
などは胸椎11番、12番の動きが重要です。この動きが阻害されてしまうと、体の痛みや果ては食欲不振、寝不足なで体力も低
下していってしまいます。

ダンス、バレエ等のパフォーマンスや野球、サッカー、ゴルフ、バドミントンなどで上半身、下半身の動き、バランスを安定させる
『胸椎11番、胸椎12番、腰椎1番の使い方がうまい』ということになります。自然と『良い姿勢』を維持しているのでしょうね。

姿勢や動きばかりに気を使いすぎる反面もありますが。
これらの骨(椎体)は動きやすい反面、高齢者の転倒等での圧迫骨折発生が多いです。
この部位は腎臓に関わりがあり、水分補給が足りないと代謝も鈍くなって、『疲れやすい』『寝付けない』などがあります。
背筋をシャンッと伸ばすとき、みぞおち当たりが胸椎11番、胸椎12番の周辺です。
どうにも背中が丸まりやすいときは意識して、負担がかからないようにしてみてください。


姿勢や背筋に負担がかかっていると、身体の痛みだけでなく『疲れやすい』などもでてきますが、なんとなく身体がだるい・・が、
『体が痛い』に変わってしまうことが多いです。

ちょっと首肩周りが凝るなぁ・・から肩が痛い。
体が重くて腰も重いなぁ・・・から腰、股関節が痛い。

が多くあることで、元々ストレートネック、ストレートバック気味での方が多いです。

ストレッチをしていてもなかなか改善しない・・、ぐっすり寝るとスッキリする・・・等の場合、
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動とヨガのような筋力を少し使うストレッチが有効で、背筋が伸びてきます。


☆健康的でスタイルよく。

『スタイルアップしたい・・・式典にズボン、スカートをはきたい』
『なんとなくウエスト、腕がだぶついてきた』
『これといってどうということはないけど、心身がだるい』
という声がよくあり、姿勢を矯正したいとの希望を受けます。

確かに猫背気味であったり、呼吸が浅くなったり、無理な姿勢が影響している可能性もあります。

姿勢不良の悪影響としての一例に

(1)スタイルや顔色が悪くなり老けて見える。
出るところが出て、引っ込むところが引っ込む、黄金比など
あるべきところに肉がなく、太目に感じてしまう

(2)姿勢の歪みが内臓諸器官を圧迫してしまう
食が細くなり、体力低下する。血圧等も不安定になる。

(3)背中が丸まることが多く、呼吸が浅くなる
スタミナが落ちる

(4)背中、首への負担がかかりやすくなる
集中力低下したり、意味なくイライラする

(5)体に無駄な力みが入ってしまう。
睡眠が浅くなってしまったり、寝た気にならない。


心身のバランスに姿勢は直接関連もありますし、食事と十分な睡眠の生活習慣も大切な要素です。


【体がどう動いているか自分で気づく】

普通に「気を付け」の姿勢から、その場で足踏みをします。
前後左右に体を動いてしまうかもしれません。
人間は微動ですが、必ず揺れています。この揺れ幅大きいと何らかの支障も
考えられますが、一般的に自分の体の歪みを判断するには効果的な方法です。


どの方向が動きやすいか、どの方向がうごきにくいか。
骨に異常がない場合は筋肉の柔軟性のアンバランスです。
重点的に『うごきにくい』部位のストレッチは姿勢矯正には有効です。


【簡単な運動で姿勢矯正】

〇〇肩幅に足をひろげたスクワット〇〇

ゆっくりとお尻を真下に降ろしていってください。
ひざがつま先よりも前に出ないように。
また後ろにお尻が出過ぎないように。
ドスンッ と ならないように。

はじめはなかなか バランスをとるのが難しいですが、
やり慣れてくるとだんだんできるようになっていきます。
足腰の安定とバランス間隔を磨かれていって、下っ腹に強烈に響きます。

このスクワットで骨盤矯正、姿勢矯正、OX脚の矯正になります。
支えている両足の真ん中に重心が来るので、脛の前の筋肉に適度な緊張、
おしりの筋肉の適度な緊張、下っ腹が 引きあがりますので、重心安定・・・


〇〇エア平泳ぎ〇〇

天井に向かって平泳ぎをするように大きく腕、肩を動かします。
肩甲骨ごと、腕を動かしていきますので、基礎代謝もあがります。
この周辺を大きく動かすことで、猫背矯正、肩こり、首痛予防の効果も期待できます。
回数をこなすと結構きついですが、より効果的です。


そしてバランスのとれた食事と十分な睡眠を心がけてリフレッシュ。
毎日の生活で健康的に美しくなっていきましょう。






このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着情報

一覧を見る

2018/07/09

【日曜祝祭日の施術日変更のお知らせ】

7月15日日曜日は休まず施術します。

※施術カレンダー(本画面下)をご参照ください。
スマホでご覧の方は『施術時間・アクセス』ページにカレンダーを掲載しています。

2018/06/26

【7月日曜祝祭日の施術日お知らせ】
7月1日(日)8日(日)22日(日)日曜日は施術します。

※施術カレンダー(本画面下)をご参照ください。スマホでご覧の方は『施術時間・アクセス』ページにカレンダーを掲載しています。
なお、臨時休業の場合がございます。


アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら