捻挫や打撲、肉ばなれ等のケガ(予防・注意点)

2018年6月27日 水曜日

捻挫や肉ばなれなどのケガの回復には十分に注意をしてください。

みなさん こんにちわ!
JR亀有駅徒歩7分(アリオ亀有さんの側)、足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。
当院は足立区綾瀬や葛飾区金町のちょうど中間に位置します。


今日もお立ち寄りありがとうございます。


今日は暑いです。梅雨の中ですが、気温が上がったり下がったりで体調を崩す方多いので、くれぐれもご注意ください。


ここ最近のことですが、
・・・・・・・・・・・・・・・・
練習中、試合中に変な音がしたsweat01
・・・・・・・・・・・・・・・・

一生懸命に頑張っているので、ついつい自分の限界を越えてしまっているようです。
しっかりウォーミングアップしたつもりでも、気持ちが先走ってしまうのでしょう。


サッカーの練習中に 足の裏、踵に急に痛みが走り、転んでしまった。

そして「立てなくなった」「歩けなくなった」

体が大きい方ではなく一生懸命に走っているとこの様なことが起きますし、急な方向転換や急な動きでケガ(捻挫、肉ばなれ)を起こしてしまいやすいです。

足の状態があまりよくなく、知らぬ間にオーバートレーニングになってしまうと足底筋膜炎の可能性があります。
そうなると、しばらく安静が絶対必要です。


「大切な試合があるから、出場したい」という希望があっても足底筋膜炎の初期症状で炎症が強いと控えた方が無難です。
安静保持を目的に消炎鎮痛や固定処置をして足に負担をかけないようにリハビリをしてから、改めて運動を再開が望ましい。

こういうときはしっかり切り替えて、ケガを改善させてから運動をさせることも私達の大切な仕事の一つ。


ですが・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
どうしても 待てなかったのか
・・・・・・・・・・・・・・・・

ケガの回復の経過は良好で、チーム練習に少しづつ参加していたのですが、軽い運動では痛みが出なくなり、自分も自信がついてきたのでしょう。

しかしまだ、ケガする前の練習に戻るのはちょっと危険です。

もうしばらく身体が回復してからと常に思っていた方が良い時期がきます。


・・・が、どうしても待てず、色々な諸条件もあるのですが、よくあるのがレギュラー定着を獲得するためのプレッシャーです。

そうすると最初痛めた足と反対側のケガ(特に肉離れ)が起こしやすい。
ケガが回復している期間に起こりがちな出来事です。


繰り返しのケガが起きないように、しっかりと回復してからパフォーマンスを伸ばしましょう。





このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院はりきゅう院

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら