中川養生整骨院ブログ

2018年8月13日 月曜日

【足の甲をケガした】痛みやケガの状態が長引いてしまう前に。

みなさん こんにちわ。
JR亀有駅から徒歩7分(アリオ亀有さんのそば、お隣はセブンイレブンさん)、東京都足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。

今日もお立ち寄りありがとうございます。


足がもつれて、転ばなかったけど、変に足をついてしまったか、足の甲(足背部)を痛めてしまったことはありますか?
タンスの角に足の小指をぶつけてしまって、怒りをどこに向けていいか、わからないくらいの痛みの時もありますね。

『えっ!?』って思うかもしれませんが、足の甲にも関節が二つあります。足首を併せると3つの関節があるんです。
足の甲の関節の捻挫もあるんですよ。私の経験では野球やソフトボールでベースの踏み違えで多く発生しています。
過去、足の甲の関節の脱臼をされた方もいらっしゃいました。

足自体は外反母趾、内反小趾、偏平足、内反足、外反側、足底筋膜(腱膜)炎等、かなり痛みを伴う場合もあるんです。


足は常に体重のかかる部位ではあるので、ちょっとした体重のかけ方の違いで痛みがひいたと思うこともありますが、場合によっては、ただ痛くないように庇っていただけのこともあります。
『ほんのちょっと捻っただけかな・・』『ほんのちょっと伸ばしただけかな・・』で、痛みがひけばよいのですが、ふとした拍子に痛みが出てしまった場合は、捻挫や肉ばなれのようなケガ
と思って、冷やして安静にすることです。

それでも改善されない場合は足の固定が必要です。テーピング類で対応できれば良いのですが、対応できない場合はガッチリと固定して体重かかっても大丈夫なようにします。
もちろんこの間は日常生活動作に非常に支障が起きてしまいます。


『ほんのちょっと・・』のつもりが、足をつくだけで大きな痛みを伴う場合もありますので、念の為、冷やして安静にしておこうと思っておいてください。

足の付き方が変になって、身体の色々な所に痛みが出る場合もありますが、そういう時は骨盤をしっかり立てて背筋を伸ばすように意識して。

暑い中ですので、ボ~としてしまって起きやすいケガでもありますので、くれぐれもご注意ください。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら