中川養生整骨院ブログ

2018年3月20日 火曜日

季節の変わり目の天気・気圧変化は健康的な体調に影響があります!?

みなさん こんにちは。
亀有駅から徒歩7分、足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。

今日もお立ち寄りありがとうございます。

春の気候は変わりやすいですが、気温の変化が大きく3月でも『三寒四温』が当てはまりますね。
またこの時期は風が強くて、物も散乱していました。


さて、昔から 
『明日雨rain降るよ』
「なんで?」
『だってうちのおばあちゃんが腰痛いsweat01って言ってるから』というたわいない会話がありました。

わたしは子供のころ、よく聞きましたthink


近年になって医学的に天気や気圧が『健康、体調に非常に関連性がある』ことが分かってきました。
気圧の変化で 自律神経(交感神経、副交感神経)に作用して血管の拡張、収縮が 起きて 頭痛、肩こり、腰痛などの症状が出現します。
これには内耳(バランスを感じるところ)が 関係しています。



たとえば山道、坂道などの起伏があるところ や ジェットコースターなどで『耳がキィ~ン』とすることがあると思いますが、
この状態が大きくなると不快な感じになります。

人間の適応能力はたいしたもので、この状態に慣れてしまえば消失します。人間の環境適応能力、順応性 です。


天気、気圧の変化に対応するには『適度な運動で 汗をかく』ことで十分対応できます。基礎体力を向上することです。
健康の第一は生活習慣の中に適度に身体を動かすことが大切なことです。

安静にしていて解消することと、適度に身体を動かすことで解消するものがありますが、天気・気圧による健康の変化には後者が有効です。
しっかりと安定した重心を保って、基礎体力、基礎代謝を上げていって、季節の変わり目に対応していきましょう。

この時期、無理をなさらずに適度な運動をお勧めします。


★当院の骨盤矯正施術のご紹介です★

http://www.nakagawayojyo-seikotsuin.com/pelvis
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2018年3月15日 木曜日

成長期の子供には、全身運動や有酸素運動が効果的です。

みなさん こんにちは。

亀有駅から徒歩7分、東京都足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。
今日もお立ち寄りありがとうございます。


この時期は進級、進学があって今までの生活から新しい生活に切り替え準備ですね。スポーツをやっている子供も学年が変わり、先輩になったり、後輩になったり。
新入部員(選手)が入って、今までの感覚に変化を加えていくことになりますね。

大人から見て、子供達の成長は嬉しくもあり、、寂しくもあり、、というところですかね。
子供たちの元気な声、姿は、良いものですhappy01
         


ただスポーツ活動での身体の負担が今までの日常生活とのちょっとした変化などで思わぬケガになるケースも多々あります。


成長期は身体が作られていく時期であり、色々な機能の充実する時期でもあります。

この時期のケガやケガの対応の仕方によっては障害に発展し、ひいては生涯のマイナスになってしまう場合もあるかと思います。
                                                                                             

成長期とは一般的に生まれてから身長の伸びが止まる高校生くらいまでの時期をさします。最近では、20歳過ぎても成長が続いていることもあり、食生活など生活習慣で 
個人差が大きいです。高校卒業後、10cm身長が伸びたという方を何人も見てきました。



手足腕脚の骨の両端に骨端線(こったんせん)と呼ばれる軟骨層が存在しています。この軟骨層は引っ張る力に弱く投球動作やランニング、ジャンプなどの強い負荷で負担がかかります。
関節にも軟骨があり、こちらは圧迫される力に弱く強い負荷でのウェイトトレーニングなどで負担がかかります。
                                    

成長期は骨の成長速度と筋肉や腱の成長速度がアンバランスで筋肉や腱が付着している骨端線に加わる力を強めます。
これらの特徴から成長期のケガや障害は骨端線に発生することが多く、たとえば膝の下の軟骨が盛り上がってくるオスグット・シュラッテル病や少年野球で肩やひじを痛める野球肩、野球肘が代表的なものです。


対策としては、弱程度~中程度の筋力トレーニングで局所の筋力向上よりも、トータルワークアウト(全身運動)や体幹トレーニングで全身の筋力をまんべんなく向上させウォーキング、ランニングなどの有酸素運動をお勧めします。


成長期では身体が成長する過程で脂肪も付きやすいですが基礎体力向上の過程では、必要な成長になります。


ストレッチングを十分に行うこと
そして自分の専念している競技力向上の為の練習をすることで体力向上、技術向上、そして ケガ防止。けがをしてしまってもすぐ元に戻れる身体が作れます。


長い目で成長を妨げない運動方法を実践していってもらいたいです(^^♪
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2018年3月12日 月曜日

【春の陽気で注意したい】力み過ぎは要注意です!

みなさん こんにちは。

亀有駅から徒歩7分、足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。

今日もお立ち寄りありがとうございます。

http://www.nakagawayojyo-seikotsuin.com/☜当院の紹介です。



春の陽気がかなり感じる日が多くなってきました。
生活の中でも多々の変化があって、忙しく考えたり、動き回ったり・・・バタバタしますよね。


私も先日、久し振りに子供とボール遊びをしてサッカーボールを蹴ってみたのですが、あまりにも下手になっていました。
股関節が開かなくて、ボールが思ったところに蹴れない(今まで5本中4本は蹴れていたのにぃ(泣く;)



いつもPKごっこをするのですが、今回も例にたがわずPKごっこ。
いつも子供に『ここに蹴るよ!』って宣言して蹴る遊びをしていますが、
今回ばかりは『ちょっと待って。何か変だぞ』ということで、チェックすると『股関節の開きが小さい』『力み過ぎ』がわかって。
それを意識してその後は蹴っていきましたが、かなりキツイキツイ・・・



この時期はどうしても先ほどの『力み過ぎ』がおきやすいものです。



何かと大変な事案も多いですからね。
ただこの力み過ぎ・・・ちょっと気を付けた方がいいです。

たとえば首肩背中周りが『力み過ぎ』ですと、寝違え、肩関節周囲炎(捻挫)、背中の肉離れや痛みが現れたり、
緊張型による頭痛や吐き気になってしまう場合もあります。

腰回り、下半身ですと変な体勢での活動でぎっくり腰やヒザの捻挫、痛み、脚の肉離れ、足の捻挫になってしまう場合もあります。



なにかのきっかけで『自分が力んでいるなぁ』と感じることがあればいいのですが、(そういう意味では日頃からの運動習慣は大切)
わからなければ、『今は力んでいるかも』と思っていただいて、入浴やストレッチ体操で自分の体の骨盤矯正になったり、良い姿勢が維持できますので力みが軽減されていきます。


これから春本番、今のうちからケアを心がけておくことはいいですよ。






このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら