中川養生整骨院ブログ

2018年10月24日 水曜日

クビにご注意を

こんにちは
中川養生整骨院です。


すっかり秋めいて、朝晩はかなり気温が下がってますね
今月の初めまで30℃なんて日があったものだから
寒くなるのに頭が追いついてない気がしますwobbly

寒くなってくるとまた暑さと違った身体への負担がかかりますよね。
筋肉が固くなりケガをしやすくなったり、血流が悪くなったり。

そうでなくとも現代人はスマホやタブレット、PCなど
電子デバイスと切っては切れない生活を送っている方も多いので
首にかかる負荷が普段からとても大きく、そこにきて寒さで
体が縮こまるのでなお首や肩への負荷大impact


寒くなるこれからの時期は、意識的に『クビ』を温めて血流をよくしましょう。
首、手首、足首のクビ3ポイントです。

1日の気温差も激しいのが今の時期。
秋の味覚を楽しんで、風邪も予防しましょう!


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2018年10月23日 火曜日

『腰の痛みが多いです。』この季節は要注意!

みなさん こんにちわ!
亀有駅から徒歩7分、東京都足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。

今日もお立ち寄りありがとうございます。


このところ、「腰の痛み」が非常に多いです。天候、気圧、気温などコロコロ変わりますので、体にも負担になるのでしょう。


立てなくなって、歩くこともままならず・・・とにかく痛みを取り除くことが最優先です。

現時点で、私見ではございますが、ある傾向が見えます。

1)(自分では大丈夫と思っても)オーバーワークになってしまっている。
2)小さい子供の育児等が重なり、同時に複数の作業を一度にやってしまっている。
3)庇いすぎてしまって運動量少なく、少々の動きに過敏になりすぎて痛めてしまっている。
4)スポーツなどで準備運動不足、整理運動不足で痛めてしまっている。


この4点が大きくまとめていますが、思い当たる節があれば、十分ご注意なさってください。


この4点が当てはまってしまった場合、

1)まず体を休ませること。
2)冷やすよりも温めること。
3)しっかり柔軟性を維持すること。

これでたいていはぎっくり腰などは予防できます。全身隈なくストレッチも効果的です。
なかなかセルフケアが出来ない場合は骨盤矯正やスポーツマッサージで身体のアンバランスを改善することも有効です。

スポーツの秋でもあります。ウォーキングの終わりに全身ストレッチ、そして定期的に骨盤矯正やスポーツマッサージなんていうのも良いと思います。





このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2018年10月18日 木曜日

「姿勢を正す」時に注意したいこと。

みなさん こんにちわ!
JR亀有駅から徒歩7分、東京都足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。

季節の変わり目というか、気温も下がって、もう秋の終わりという感覚を受けています。
長袖シャツが一番いい季節になりました。

この様な季節の時に『姿勢を正そう』として 背中や腰を のけぞってしまう方が多いです。
背筋を伸ばそうとして、後ろで手を組んでいる。。。たしかに背筋が伸びた感がありますねdelicious
この場合 肩甲骨が寄っている ので 背中の筋肉のストレッチ効果はあります。


ですが、その動作を 徹底的にやろうとしすぎて のけぞってしまってしまうsweat01


姿勢を正そうとした場合、まずは 
 oneお尻を締める(骨盤が安定します)
 twoゆっくりと 背伸びをするように 上にあがる(頭が吊られているように)
 three背中と腰は ゆったり と する感覚

以上 3点で かなり伸びますよ。
姿勢を正している状態と思います。自然と骨盤も立ってきますので、これが慣れたら『自分で出来る骨盤矯正』です。


ご参考までにscissors ※当院ホームページ『骨盤矯正』をよろしければご参照くださいませ。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2018年9月12日 水曜日

【腰痛防止】ちょっとした姿勢を意識するだけでできます。

みなさん こんにちわ! 東京都足立区中川の中川養生整骨院です。JR亀有駅から徒歩7分にあります。

今日もお立ち寄りありがとうございます。
秋めいてきた季節で、気温の変化が大きいので、くれぐれも体調にご注意してください。

気候気温の変化で偏頭痛や肩こり、腰痛が多く出現しやすい季節です。
その中で、ここ最近お悩みが多い腰痛について、ご紹介します。

よく『腰を落とせ』といわれますが、これは『腰の高さを下げる』そうすると下肢に力を溜めることができて、『力』が出ます。正確にいうと、下半身で溜めた力を上半身に伝えることになって力がでるということです。
この場合は『股関節の曲り角度と膝の曲り角度を同じ方向にする』(股関節外転、外旋状態です)ことが大切です。これは骨盤が立っている状態です。

股関節、膝関節の下に足があって、足の内側(内果(うちくるぶし))に体重がかかると腰が落ちて、力がでます。

いわゆる下肢の力を上体に伝えることが可能になります。

たとえば日常生活で重い荷物を持ち上げたり、同じ姿勢でずっといて、その後ちょっと体の向きを変えた時に腰を捻ってしまうことがありますが、股関節や膝関節の力をうまく利用できれば腰に大きな負担がかかりません。
上記赤太字を意識的に出来れば、自分で自分の骨盤矯正ができていることになります。

ちょっとした心がけで出来ることですから、ご参考までにお試しくださいませ。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2018年9月 4日 火曜日

【腰痛、背痛、首痛の改善】股関節の柔軟性を高めよう。

みなさん こんにちわ!
JR亀有駅から徒歩7分、アリオ亀有さんの側で東京都足立区中川の中川養生整骨院はりきゅう院です。

今日もお立ち寄りありがとうございます。

今日は天気が不安定で今は雨rainが亀有周辺は振っています。


先日、面白い記事を見ましたcherryblossom

とある競技の選手について
『股関節が硬く、下半身の力が上半身に伝わらず、上体だけで 動いてしまう』ので故障が絶えず、回復も見えない・・・
若い頃から 股関節が硬く、相撲の四股などで 色々と柔軟性を付ける努力をしていたようですが、
現在の年齢では選手寿命は 長くないのではないか・・・


また同じ競技の とある選手について
『股関節が柔らかく、下半身が安定しているので うまく体幹の捻じれの力が伝わっている』


股関節の柔軟性が競技能力に大きく左右しているようです。

私たち一般の生活の中でも 股関節の柔軟性があると腰の痛み、背中の痛み、首の痛みが出にくくすることに直結する場合もあります。

骨盤がしっかり地と垂直に立って、股関節が安定し、足首で 体重を支える。
立っている時も 歩いている時も この姿勢であると 痛みやケガも 防げます。


足を肩幅よりも 少し広めに立って、足の向きを45度に向ける。

そのまま スクワット運動sweat01

これだけで 股関節は柔軟になっていきますよ。
無理のない範囲で股関節の柔軟性を高める運動をするだけで心身共にスッキリします。

ご参考までに。



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら