中川養生整骨院ブログ

2019年2月13日 水曜日

疲労回復を促す3つのアプローチと整体・骨盤矯正の施術!

みなさん こんにちわ。

東京都足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院、佐藤です。

寒さもまだまだ厳しく、外は冷蔵庫のように感じる亀有駅周辺。
衣類などで暖かくして活動してください。

今回もお立ち寄り頂いてありがとうございます。


どうしても『寒い』ので、背中が丸くなってしまって疲れが抜けなかったり、朝や夜の気温差でなかなか寝付けず、昨日のだるさが残っていると感じたりが多い季節です。
そこで、今回は『疲労』について、私的な面が多々ありまずが、述べていきたいと思います。

また、ご興味がないのに、お立ち寄りしてしまった方には申し訳ありません((+_+))


疲労を解消するには『運動・栄養・休養(睡眠)』の3つの側面からアプローチしていきます。

まず疲労を知り、疲労を解消してみましょう!
日常生活動作での仕事や勉強、運動習慣のある方には運動は大切ですが、オーバーワークで疲労を蓄積させてしまっては効率は下がり、何のためにしていたのか結局わかりません。


〇疲労とは、その度合いによって分けると比較的すぐに回復する(たとえば夜寝ると翌日には回復する)疲労を『急性疲労』、翌日以降まで残る疲労を『過労』、過労が続くと『慢性疲労』と呼んでいます。
仕事等によって起こる慢性疲労はオーバーユース、運動やスポーツではオーバートレーニングと言われています。

日々の健康づくりの運動と異なり、体力を高めるには多少疲労が残る程度の強い負荷が必要です。
しかしオーパートレーニングになってしまうほどの練習、トレーニングはかえって体力を下げたり、注意力や思考力を低下させてしまいますし、何よりケガ(捻挫や打撲、肉ばなれ等)やスポーツ傷害(捻挫や打撲、肉ばなれ等が残ってしまう)を引き起こすことにもなりかねません。

本来健康や体力増進を高めるはずの活動や運動でこの様な状態に陥っては本末転倒です。
疲労の原因はエネルギー不足、乳酸の蓄積、恒常性(体温、血糖値、酸性度など)の失調であると言われています。
この様な原因を取り除くには次に挙げるように『運動・栄養・休養』の3つの面を見直してみると良いでしょう。


〇運動は・・・量よりも質が大切

①練習は量よりも質
 疲れるまで、回数を繰り返すほど効果が上がると思われがちですが、実は運動の質が大切だと思ってください。
 回数を重ねる運動は、その動作や技術は向上していきますが、単純に反復すればよいというわけではなく、しっかりと『今の動きが正しいか』を考えて、動きの修正が必要です。

②強弱をつける
 日常生活動作や運動では毎日の体力や気力に合わせて少しずつ変化を加えましょう。ですが少しずつ疲労蓄積もありますから、波のような強弱をつけてみて。
 例えば月間スケジュールが組めるのであれば『第1週目は弱、第2週目は中、第3週目は強、第4週目は中』等です。これはお好みに合わせてよいと思います。また意欲を高めることにもつながります。
 お酒を好まれる方で『休肝日』というのも、これに当てはまると思ってください。


次によく言われるものですが、
〇疲労回復に適した栄養に、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、鉄分等があり、食材では豚肉、うなぎ、豆腐、豆(ナッツ)類、柑橘類、緑黄色野菜等を召し上がると良いでしょう。

さらに、
〇疲労回復に適した休養を心がけ、①睡眠時間は自分のリズムであまりこだわりすぎない。②深い呼吸をしながら就寝。瞑想なども効果的です。③就寝前に刺激物は避ける。コーヒー、たばこ・アルコール。実はテレビやスマホも。


ただなかなか、『わかってはいるけど・・』で『疲労』『過労』で身体がパンパン、肩や背中、腰も痛みを通り越してしまって、これが当たりまえになっていると感じてしまう方もいらっしゃいます。
ストレッチをしようが、ウォーキングをしようが、なかなか寝付けず眼が冴えてしまう・・なんてこともあります。

そういう場合は『(骨盤・骨格)矯正施術』や『マッサージ施術』『整体施術』はおススメです。
捻挫や打撲等から体がパンパンになってしまうこともあって、凝り固まった筋肉や関節を十分にほぐすことでリラックス効果と疲労回復が期待できます。


疲労はどうしても避けては通れない心身の状態です。全く疲労がない状態もありませんから、うまくご自分の疲労と向き合って、対処していく自分なりの方法が見つかるかもしれません。
今はまだ寒いですが、季節の分け目の節分が過ぎました。自分の健康状態を改めて見直すきっかけとするには良い季節と思ってみましょう。


最後までお付き合い頂いてありがとうございました!



東京都葛飾区のJR常磐線亀有駅から徒歩7分。(アリオ亀有さん、セブンイレブンそば)

中川養生整骨院はり・きゅう院
佐藤 貴
お問い合わせ/ご予約 ☎03-36990-9561

http://www.nakagawayojyo-seikotsuin.com/
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2019年2月 1日 金曜日

ケガからの復帰でベストコンディションを保つ方法

ケガや痛みに正しく対処して、常にベストなコンディションを保つ方法!
〇使い過ぎによるおスポーツ傷害に対応する。
スポーツではそれぞれ特有の動作があるために、身体の特定の部位にどうしても力が加わるため、その部位に疲労が蓄積して炎症や疲労骨折をおこしてしまいます。
テニス肘、野球肩といわれるものがそれです。上下左右の筋肉を比較的バランスよく使っていても頻繁に使う肩、肘、股関節、ひざなどに発生します。
急性期にはRICE療法を行います。その部位を使わないようにし、消炎鎮痛剤も用いることで通常治りますが、それでも数週間から数か月を要します。
スポーツ傷害では強い痛みが起きる前の段階で、必ず軽い痛みや違和感があるはずです。この段階で1週間程度休めば、スポーツ傷害は防げます。

〇スポーツ傷害を防ぐにはこの3つ
『予防は最大の治療なり』
『休む勇気を持て』
『急がば回れ』
を頭に入れて練習を行うことです。

〇協議復帰への道~リコンディショニング~
スポーツ傷害から競技復帰するまでのトレーニングをリコンディショニングと言います。
これには大きく3つの原則があります。
出来ることを行う・・・例えば上半身をケガしても手首を使わないならば上半身のトレーニングは可能です。
段階を細かく刻む・・・動作や運動の強さを、出来るだけ細かく刻んで、一歩一歩漸進的に進めていきます。例えば、安静からジャンプ迄の道のりには『立つ➡歩く➡坂道歩行➡階段歩行➡ジョギング➡ランニング➡ダッシュ➡ジャンプという段階があり、
           更にランニングでも速さと時間、距離で細かく段階を分けることができます。
痛みに敏感に・・・痛むことはしない。痛みがあるなら一歩前の段階に戻して行う。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2019年1月28日 月曜日

どうして『骨盤矯正』で足のむくみがとれるのか。

みなさん こんにちわ!

東京都足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。当院はJR常磐線亀有駅から徒歩7分、アリオ亀有さんの裏側に位置します。


本日もお立ち寄りありがとうございます。
またお悩みやお困りでない方がお立ち寄りしてしまっていたら、不必要なブログで恐れ入ります。



今日は曇り空ですが、天気予報ではこれから足立区中川周辺や葛飾区亀有や金町、足立区綾瀬周辺は晴れ空になるようです。
気候や気温の変化が大きいですので、体調、健康を崩す方が多いです。くれぐれも注意していきましょう。



このような気候や季節で寒さが一段と増すと『足がむくみやすい』ということがあります。
足のむくみにはいろいろと原因がありますが、下肢の水分をふくらはぎの筋肉の作用で心臓に戻していきます。
このふくらはぎの筋肉の活動が低下していると『足がむくみやすい』状態です。


ふくらはぎの筋肉が正常に活動していれば、特に問題ありませんが、一日立ち仕事や座り仕事でふくらはぎに過度な負担がかかると疲労蓄積から活動が低下します。
また日頃の休養や充電不足からも、同様な状態になりやすいです。


ふくらはぎから徐々に上に上がっていって、太ももの裏やお尻、骨盤周辺、腰腹、背中、首肩周りにも負担がかかって、『なんだか全身が痛い、だるい』ということにも
なる場合があります。ふくらはぎの筋肉って大切な役目をしているんです!


人が一生懸命生活していると、どうしてもふくらはぎに負担がかかってしまいやすくなる。
そこで身体内で重要な役目が骨盤、腰回りなんです。

というのも、骨盤や腰腹が安定していると、下にある太ももやふくらはぎの荷重を軽減させて、また上にある背中、首肩の重心が安定し負担が軽減する。
そのため骨盤矯正や体幹トレーニングが有効な手段になります。そうすることで『足のむくみ』から身体への過度な荷重によるストレスが緩和されて
スッキリとした姿勢で健康的に生活が出来ていきます。


また日常生活動作内で、ほどほどに動いていても身体内の水分不足に注意して、この時期でも水分補給をしたり、
デスクワーク中心の方は気がついたら適度な時間、距離、速度で動いてみることも効果的です。
反対に立ち仕事や動き回る営業職等の方には、足指じゃんけんのようなストレッチ体操をしてみたり、ちょっと腰かけたり、足首動かしたりが効果的です。

普段から、立ちながら骨盤を立てて、腰を伸ばして、背中の緊張を取り除いてみるように心掛けることも大切。
立ちながら前後左右に重心(背骨)を「ユラユラ」してみたりするだけでもちがいます。


まだまだ寒さも続きますし、風邪やインフルエンザがかなり流行ってきています。
この時期は体力をしっかりと蓄えていきたいものです。

ご自分のふくらはぎや骨盤、腰腹の重要性を改めて一考して頂けると嬉しいです。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。



※※当院では『骨盤矯正(実費)』を提供しております。
もしよろしければ、こちらもご一読してみてください。

http://www.nakagawayojyo-seikotsuin.com/pelvis




中川養生整骨院はり・きゅう院  佐藤 貴
なかがわようじょうせいこついん

〒120-0002 東京都足立区中川1-9-2 サザンコート1F
☎03-3690-9561

★JR常磐線亀有駅から徒歩7分。アリオ亀有さんの傍(裏手)
セブンイレブンさんの隣。

ホームページ:http://www.nakagawayojyo-seikotsuin.com/
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2019年1月23日 水曜日

肩こり、腰痛や背痛から顎関節の痛みや違和感は発生します!

みなさん、こんにちは。東京都足立区中川の中川養生整骨院はり・きゅう院です。
今日もお立ち寄りありがとうございます。


当院はJR常磐線亀有駅から徒歩7分、アリオ亀有さんの裏手周辺にあります。



寒さも重なり、どうしても肩腰背中に力みが入って、肩こり、腰痛、背中の痛み等いわゆる『固まった・・』と思われる痛みが出やすい季節です。
あわせて、インフルエンザ、風邪などで一時的な体力低下も重なることで、肩こりから肩痛、腰痛、背部痛も出やすいです。

女性に多く出やすいのですが、これら肩こり、腰痛、背中の痛みから顎関節の違和感や痛みも出てしまう方も多いです。
女性に多い理由として男性と比較すると『骨格的な違い』や『筋力、体力の違い』が一番言われています。
もちろん男性でも筋力や体力が弱い方には顎関節痛はありますが・・




顎関節は毎日の癖が影響します。口を閉じた時の基本ポジションは前歯の裏にはつかない状態で上あごのところです。

これが正常な状態なのですが、肩こり、腰痛、背部痛などで骨格に歪みが出て、肩腰背中の筋肉が異常に張ってきてしまうと、
この正常な状態が保てず、『顎関節の違和感、痛み』となってしまいます。舌で歯を押し付けるクセのある方などは押されて歯並びがずれたりします。

こういう場合は『口は閉じ、鼻で呼吸をする』ように心掛けてみてください。



ご自分では肩腰背中の筋肉がパンパンに張っているとわからなくても、なんとなく顎関節周辺、首周り周辺に違和感がある場合は
ご自分で鏡を見てみてください。

口が開く癖や歯をベロで押し付けるクセはアゴにシワが出来たり、唇の形が富士山のようになるなど見た目にも変化が出てしまいます。


ちょっとした表情に変化を付ける体操として口周りを鍛える為には「あいうべ体操」がおすすめです。大きく口、かお、アゴを動かしましょう。


これで顎関節周辺や首回り周辺の異常な緊張は取り除けます。
これに合わせて、肩腰背中のストレッチやラジオ体操等のようなエクササイズで、肩腰背中の緊張感が取れて、肩こり、腰痛、背部痛が改善されるとよいでしょう。

なかなか改善が見られない場合で、気づかぬうちに顎関節の違和感、痛みが進んでしまいますと、頭痛、吐き気等の不定愁訴が出てしまいます。
いわゆる『顎関節症』と思われる状態です。

この場合はマウスピースで歯の噛み合わせを整えながら、顎関節、骨格矯正、筋肉をほぐす施術が必要になります。
スポーツマッサージや骨盤矯正、骨格矯正が有効な施術になります。

ここまで進行した状態になる前に、ちょっと肩こりかも、腰痛かも、背中が痛いかな。。張ってるかな。。と思うタイミングで体操やエクササイズで改善したり、
ゆっくりとした一日をつくってみて、リフレッシュタイムを過ごしてみたり、マッサージや骨格骨盤矯正で対処しておくとよいでしょう。


しばらく寒い日が続きます。くれぐれも健康にご注意してください。



中川養生整骨院はり・きゅう院  佐藤 貴
なかがわようじょうせいこついん

〒120-0002 東京都足立区中川1-9-2 サザンコート1F
☎03-3690-9561

★JR常磐線亀有駅から徒歩7分。アリオ亀有さんの傍(裏手)
セブンイレブンさんの隣。

ホームページ:http://www.nakagawayojyo-seikotsuin.com/



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

2019年1月18日 金曜日

【まだ寒いです】定期的な骨盤矯正で健康増進。

皆さん、こんにちわ。
JR常磐線亀有駅から徒歩7分、東京都足立区の中川養生整骨院はり・きゅう院です。

今日もお立ち寄りありがとうございます。


まだまだ寒さが落ち着きません。なぜか太平洋側は雨が少ないようで、この辺も今週ちょっと雨が降ったくらいで乾燥していると思います。
冬が続きそうです。

春先に顔のスペシャルケアを投入し顔の状態をよくした方も、そろそろ春に向けて、この乾燥の時にスペシャルケアが必要かもしれません。


冬場は肌の潤いが不足します。乾燥は仕方ないと諦めないでください。

なぜなら冬を乗り越えた後にくる春は肌トラブルがとても多い時期です



ケア不足でのバリア機能が低下した状態ではほこりや花粉や紫外線でかゆみや赤み、肌がガサガサするなどの
肌トラブルを起こしやすくなります。




冬の今、すぐに出来ることは保湿を諦めないことです。身体の中から外から肌表面の潤いを補いましょう。

顔マッサージや表情を豊かにすることで顔への血流を増やしましょう。
美容液や顔のパックなどで肌表面も整えましょう。


皮膚が安定すると体調も改善され、風邪やインフルエンザ等の感染症予防にもなります。
今はあまり見かけなくなりましたが、乾布摩擦はその典型と思います。

体調を崩さない程度の軽い運動も血流促進に効果的で、皮膚、肌は元より、心身リフレッシュになりますよ。
1ヶ月に1回くらいでのマッサージや骨盤矯正も同じく効果的です。

暖かい恰好でこの冬をうまく乗り切って、来るべき春に備えておきましょう。


中川養生整骨院はり・きゅう院  
なかがわようじょうせいこついん

〒120-0002 東京都足立区中川1-9-2 サザンコート1F
☎03-3690-9561

★JR常磐線亀有駅から徒歩7分。アリオ亀有さんの傍(裏手)
セブンイレブンさんの隣。

ホームページ:http://www.nakagawayojyo-seikotsuin.com/



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 中川養生整骨院・はりきゅう院 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

アクセス



〒120-0002
東京都足立区中川 1-9-2 1F

お問い合わせ 詳しくはこちら